それでもつづく!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでもつづく!

学生雑記。真面目なこともくだらないことも書いてます。

「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」が面白い【書評】

 

こんな本を読みました。

 

f:id:kmartinis:20170423175603j:plain

 

1年前くらいに本屋で購入して、積ん読になっていたこの本。

結論から言うと、読んでいて最高に楽しかったです。

 

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義

 

 

穴だけ残して食べることは可能なのか?

例えばぼくが1000人の大衆に向かって「ドーナツを穴だけ残して食べることは可能ですか?」と問いたとしましょう。

 

988人の人々が一斉に「ムリ!」と答えるところを、残りの12人の知識人が、「待てよ…この学問上でならいけるかもしれない…」と考え、専門知識で無双する

 

そんな本です。

 

1000という数字はデタラメですし、ズレた例えかもしれませんが、

一般人なら本気で向き合わないであろうトンチの題材に大阪大学の12の分野の教授が真剣に専門知識を駆使して答えを探るというユニークな内容になっています。

 

本の中の「はじめに」というページから引用しますね。

 

「ドーナツを穴だけ残して食べるなんて,そもそも不可能だし、馬鹿げている.

ドーナツは食べてしまったら,あとかたもなくなる.穴だけ残して食べることは不可能であり,そのような問いかけ自体がそもそも不適切である.以上.」

 これは極めて常識的な回答です.でも,本当にそうなのでしょうか? ドーナツの穴だけ残して食べることは,本当に不可能なのでしょうか?

 「ドーナツを穴だけ残して食べることは不可能である.」

 そんな常識を疑ってみようではないか.やり方によってはドーナツを穴だけ残して食べることができるかもしれない.少なくとも,はなから無理とあきらめないで,どうやったら穴だけ残して食べられるのか,ちょっと考えてみようではないか.

 そんなことを考えた大阪大学の教員たちが,「ドーナツの穴」について,結構本気で取り組んでみた.その成果が,みなさんの手に取っているこの本です.

 

つまり、「常識を疑え」っていうのがベースになっています。

…疑うもなにも、、ね?(笑)

 

「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」というテーマ

そもそもの話、このテーマはもともと2ちゃんねるに投稿されたコピペが発端となっています。かなり有名なのかな?知ってる人も多いんじゃないでしょうか。(ぼくは知りませんでした)

 

ドーナッツの穴だけ残して食べる方法
 

 ∟物理派-巨大なドーナツを光速で回転させることにより穴が空間的に閉じ(ry
       -箱に青酸カリの入ったビンと一緒に入れて(ry
 ∟化学派-穴に空気とは違う気体をつめれば?(それ残ってるのその気体じゃん派)
 ∟数学派-非ユークリッド幾何学的には可能(難しいよ派)
 ∟統計派-100万回食べれば1回くらい穴だけ残ってるかもしれない(めんどくさいよ派)
 ∟地学派-半減期を調べれば穴の存在を証明できるかもしれない(本当かよ派)
 ∟芸術派-私が存在しない穴を写実することでなんとかできないだろうか?(別問題だよ派)
 ∟哲学派-穴は形而上的な存在の定義外にあり、超空間的な(ry
 ∟報道派-まずはドーナツに穴が空いているか世論調査すべき(捏造だよ派)
 ∟政府派-真に遺憾であり今後このような事態が起こらぬよう最大限の努力を(ry
 ∟一休派-では穴だけ残しますからまずは穴の存在を証明してください(天才だよ派)

ドーナッツの穴だけ残して食べる方法 : 2chコピペ保存道場

 

こんな感じ。これだけでも面白いですよね。

 

本の成り立ち 

さっき貼った、この本の帯を見て下さい。

 

f:id:kmartinis:20170423175603j:plain

 

ドーナツにコーティングされた砂糖のような可愛らしいデザインになっているんですが、注目して欲しいのは裏のココ。

 

f:id:kmartinis:20170423175916j:plain

 

大阪大学ショセキカプロジェクト」という試みで企画・提案から編集作業、装丁や広報、販売までまで大阪大学の学生さんが全て行なっているそうなんです。すごい…!

 

内容

第1部「穴だけ残して食べるには」、第2部「ドーナツの穴に学ぶこと」という構成です。

あくまで主観なんですけど、だいたい強引です(笑)

様々なうんちくが「ドーナツ(ないしその言葉)」と絡めて羅列してあります。

絡めてっていうか、かすってる程度のやつも多いんですけどね(笑)

一部の人間から見たらものすごく秀逸な回答かもしれないんですけど、、。

 

それでも、すごいと思うのは「あくまでこちらに理解させようとしていること」何ですよ。これ読んだ人にしかわからないと思うんですけど、ものすごく楽しいですよ。

 

面白かったところを少しだけ紹介しておきますノ

 

ここがおもしろい 

紹介したいのは、第3章。

「とにかくドーナツを食べる方法」っていうやけくそタイトルです。

 

ここが本当に楽しかった。「穴とは何か?」という考察から始まり、空間の話になる。そして集合を用いて数学的に説明して、、、

 

f:id:kmartinis:20170423180155j:plain

(ちなみに「集合」は数Aのあれでした。習ったことが書いてあると面白いなあ)

 

穴の定義づけ→お題の具体化→そして…

 

こう。

 

f:id:kmartinis:20170423180040j:plain

 

察しのいい人は大体わかるかもしれませんが、わからない人は是非読んで見てください。めちゃくちゃ屁理屈で笑いました(笑) 

 

本としての完成度

作り込みがものすごく丁寧だと感じました。

本書の「おわりに」というページにも、

 

現代社会は様々な技術の発展によってCMや映画、漫画や雑誌など、その全てが豊富な色彩で多彩に表現されている。そうした事実からすると、「本」というものは白黒のただの文字の羅列だ。そしてPCでカタカタと打つ作業をすれば、200ページ余りを字で埋めることは容易。しかし、この一冊を作り上げる過程で、想像をはるかに超えた時間と労力がかかることを思い知らされた。

 

というようなことが書いてありました。 

 

もし普段本に書いてある時だけを飲み込んでいる方がいれば、これから本を読むときのほんの一瞬でも、その字、その文が載るまでに至った背景にも考えを巡らせていただけたら、本の制作に携わった人間として幸せなことです。

 

僕は多い時に月30冊ほど本を読みます。そんな僕は、まさに「本に書いてあることだけを飲み込んでいる」人間だったんじゃないかと、ハッとしたんですよね。

こういう制作過程のことについて書いてある本って本当に珍しくて、そこに関してもものすごく楽しめました。

 

あなたに読んで欲しい

ここまで読んできて、「うげっ、参考書みたいじゃん」と抵抗を感じた方。

この本は、そう考えがちな方々のために作ったと言っても過言ではありません。

とあるように、そういう人たちこそ読んで欲しいんです。

 

勉強とか学問っていうと、難しいし面倒だし、、、。

ただ、全部好きになれなくてもその中の一部でも興味が湧くものがあるのでは?

 

という考えに基づいて、文理問わず楽しめるような工夫が凝らされているのです。

 

確かに、文系の道に進んだ人は「次元」や「化学」と言った言葉とはしばらく無縁です。中には一生無縁な人もいるかもしれません。そんな人たちがこの本を読んでたったひとつでも興味の持てる学問を見つけてくれれば…!という願いが込められていました。

 

読み終わって

読み終わって、って言うより一通り「見て」って感じですね。

専門的なところまで首を突っ込んでいると、一生かかっても読める気がしません。

 

たとえそれが自分の興味のない分野でも、その分野を愛してやまない人たちは一定数存在していて、きっと今も真剣に学問に取り組んでいる。

 

学問と向き合うのってすごく楽しくて、純粋に没頭できるなあ!

 学ぶ楽しさっていうのが漠然とわかりました。

 

こんなバカみたいな題材に、くそ真面目に取り組んでいる様子が、ひしひしと伝わってきて、感動すら覚えました。かっこいいな。

 

くだらないの中に学問の真髄はあるのかもしれない……。

 

是非読んで見てくださいノ

 

それでは!

 

(アマゾンのリンクだけ貼っておきます)

 

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義

 

 

生きた心地がしないので、ブログに対する姿勢を変えていきます

どうも、けいいちです。

 

ブログとの付き合い方を変えます

大げさなことじゃないんですけど、少しだけ。

このブログとの付き合い方を変えていこうかなあと考えています。

 

明確な理由はないんですが、今の僕の心境だとこうするしかないっていうか…。

 

まあ理由なんかも適当に書いときますね。

 

生きてる心地がしない

最近、生きた心地がしません。

理由は少し考えただけでもいくつか思い当たるんですが、この状態が本当にどうしようもなくキツイです。抜け出せない孤独感と、虚無感。

 

前回の記事でも言った気がするんですけど何に対してもやる気が出ない。ブログも勉強も。勉強にやる気が出ないっていうのは受験生としたら致命的なんですよね。

 

このブログとの付き合い方

新しい取り組みとして、収益化を考えたブログにしようかなあと考えています。

この際求めているのはオカネじゃなくて、「変化」「自信」です。

 

先ほども言ったように、何に対してもやる気が出ない現状の打開策。

ブログの方に変化を与えてやる。そしてそれに対して自信を持つ。

 

もともと僕はやる気に満ち溢れたような人間ではないですし、自己肯定感が低いんですね。ただ、今の状態は異常です。ここから逃げ出したい。

これまではアフィリや広告を考えてこなかったんですけど、とりあえずやってみることにします。

 

準備いろいろ

そのための準備はいろいろ進めています。銀行口座を作ったりアフィリエイトプログラムに登録したりしました。

銀行口座を作るために区役所まで行って住民票を発行した時、久々に生き生きしている自分がいて「これしかねえええ」って思ったんですよね。だから少しずつゆっくりでも変化を作っていく。これが当分の僕のすべきことです。もちろん勉強も同時進行しなければならないんですが、 、。

 

現状の僕

 

kmartinis.hatenablog.com

 

新生活の魔物にやられているのか、「くそくそくそくそくそくそ!!!!!!」っていう感じです。。

 

特に体の不調がえぐいです。最近「やばいな」って思っているのが、「鼻呼吸で鉄分の匂いがする現象」です。空気を吸い込むと、鉄っぽい匂いがします。鼻の奥に異常がないかも耳鼻科で診てもらいましたし、感覚としては酸欠状態に近いような…

 

f:id:kmartinis:20170422211152j:plain

(酸素吸ってもなんだかなあって感じです)

 

これが厄介なのは、同時に頭がボワンとなることなんです。一日中頭痛がして、学校にいきたくない、行ってもすぐに帰りたい、夜眠れない、となったり。

一年前から、学校に行きたくなくてしょうがない生徒なので、特別異常なことではないかもしれないんですけどね(笑)

 

これが最近マジで笑えなくて、心療内科も予約してあります。

 

いろいろ「なんとかしたいもの」が増えすぎて、目一杯になってるのかもしれません。周りの子達と同じ、「学業についての悩み」ならばいくらでも友達に相談したいんですが、そうもいかず…。

 

ってことを、とりあえずブログに書いておきました。

新しいターニングポイントを作らなきゃ。

 

それでは〜。

やっぱり「なあなあ」が一番良くないっていうのを痛感させられる新生活

どうもこんにちは!

 

なんかいろいろとうまくいかねえ!けいいちです。

 

しばらく更新できていなかったので、久々の更新です。

f:id:kmartinis:20170301194545j:plain

 

新生活、いかがですか〜? 

4月になって、どんな人にも少なからず環境の変化はあるでしょう。

 

ぼくの場合は学年が一つ上がっただけですが、3年生という「本格的な受験生」となってしまいました。

 

クラスも「文系国公立クラス」に振り分けられ、みんな完全に受験モード。

 

そんな中、現状のぼくは、大学にあまり魅力を感じていません。

 

この件に関しては本当にたくさんの人に相談させてもらったし、自分でもかなり考えたつもりです。

 

大学は「人生の夏休み」なんて言葉がある通り、やっぱり遊んで暮らせるぜ!っていう意見をたくさん聞きました。もちろん学部によりけりだと思うんですが。

 

だからと言って

「4年間を遊びとバイトで棒に振るのはナンセンスだ!」

なんて意識高いこと、ぼくは言えません。遊びたいです。めっちゃ遊びたい。

 

それでも、やりたいことは常にあって4年あればいろいろできそうと感じます。

というか今一番やりたいことは大学に行かなければできないことでないし、むしろ行かずに4年間もがいていた方がよっぽどいいかも知れない。

もちろん、「ひとりでやっていけるのか」っていう不安は常に付きまとう。

 

いろんな葛藤の中で、大学に行かないメリットがぼくの中で徐々に大きくなってきていることは事実です。

 

なあなあになってしまったなあ

ぼくはブログを始めた初期に、部活になんか目もくれず没頭しました。

今まで読んでいた「おすすめ アニメ」みたいなアレが「ブログ」だったのか!っていう気づきから始まって、全く聞いたこともなかったSEOの奥深さに興味を覚え、、

 

何もかもが新鮮でした。

 

これまでは

部活×勉強×ブログ

というのがぼくの生活の軸になっていました。

 

特にブログに関しては本気で楽しんでいましたし、部活も勉強もなんとかやれていました。

 

ただ、部活を欠席し始めて1ヶ月ほど経ってから少しずつ変わって来ました。

 

勉強×ブログ

 

という要素が強まるのかと思っていたら、結果はその真逆。

どちらもなあなあになって来てしまったのです。

 

「なんとかなってる」の絶妙さ

これはぼくの意識的な話かもしれないですし、ブログに対しての新鮮さが欠けて来ただけなのかもしれません。

 

ただ、いまになってこれだけは言えます。

 

「なんとかなってる生活」は地味に絶妙なバランスが取れていたのかもしれない。

 

ってことです。

 

だからこそ、部活をなあなあにしたせいでブログも勉強も楽しくなくなってしまった。

全てダラダラとこなしてしまった。

 

 

だけれど、部活を休んでまでブログを書いたことは後悔していません。

これまでで一番新鮮で楽しかったから。

 

ブログをやっていなければ今の自分はいないって思えます。

 

いろんなブロガーさんと交流して、知らなかったことをたくさん知れたし、はてなで始めたこともあって、プログラミングへの興味がすごく湧きました。

 

いろいろ自信がつきました。

 

悔やまれること

だけど、「後悔」はしていなくても「最善の選択」ではなかったと思うんです。

 

お世話になってきた人に対して裏切るようなことをしてきたし、そこがすごく悔やまれます。

 

それに関しては長い間悩まされて、夜眠れない原因の一つとなったし、それによって勉強やブログもなあなあになってしまったことも確かです。

 

だからと言って

もっと他に道があったかも知れない

なんて考えたくはありません。

 

こうなってしまったからには、この選択を一番いいものとしたい。

 

そのためにも、「本気」になって取り組み必要があるんです。

ブログも、勉強も。

(これからブログで新しい試みをしようと考えています)

 

もし大学に行かない選択をしても「死なない力」の土台を作っていきたい。

 

そのための大事な時期だってことを念頭においておきます。

 

 

それでは!

【招待コードあり】出品手数料がタダ!楽天のフリマアプリ「ラクマ」のメリット・デメリット

みなさん、フリマアプリ使っていますか?

この記事では、お得なフリマアプリ「ラクマ」のメリット・デメリットを紹介したいと思います!招待コードもありますので、ぜひ最後まで見てみてください!

 

 

※招待コードのみ知りたい方へ

※現在期間外です!

現在ラクマでは、コードを入力した、された双方に300ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施されています。普段は100ポイントですので、お早めに!

 

             招待コードはこちらです↓

6Dn7haq8

 

〈キャンペーン期間〉2017年4月6日(木)0:00~2017年4月16日(日)23:59まで

 

 「ラクマ」はこんなアプリ

f:id:kmartinis:20170407224049p:plain

ラクマ - オークションよりも簡単!楽天の無料フリマアプリより)

 

ラクマは「楽天」が運営するスマートフォンタブレット端末、PCで利用できるフリマアプリです。

サービス開始は2014年11月。

人気のフリマアプリ「メルカリ」のサービスが開始されたのは2013年6月ですから、若いサービスと言えますね。

 

(ダウンロードはこちらから)↓

フリマアプリ ラクマ-出品手数料無料の楽天のアプリ
フリマアプリ ラクマ-出品手数料無料の楽天のアプリ
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 ざっくりとした取引の流れ

取引(お金)の流れはこのようになっています。 

 

購入者→(ラクマ)→出品者 

  1. まず、出品された商品を購入した購入者がまずラクマに代金を支払います。

  2. 次に、ラクマが「購入者から料金が支払われたよ!」っていうのを確認してから出品者に発送を促します。

  3. 最後に、購入者が「無事、商品が届いたよ!」っていうのを確認した後、代金を預かっているラクマから出品者にお金が振り込まれます。

 

 一度でもフリマアプリを利用したことがある方ならわかると思いますが、大体がこの方式です。そのため、「メルカリしか使ったことがない!」という方もすぐに慣れて使いこなせます。 

 

ラクマ」のメリット

出品手数料が無料!

ラクマの一番のウリはここにあります。

出品手数料が無料!と聞いて、パッとしない方もいると思うので説明しますね。

 

 大半のフリマアプリには出品手数料というものがあり、「出品する場所を提供して挙げるかわりに、売上金の少し譲ってね!」という手数料です。

 実はラクマではその出品手数料がかかりませんタダなんです。

 

 ここで人気アプリ「メルカリ」と比較してみましょう。

 メルカリでは売れた価格の10%がメルカリの運営の方にいくんですね。分かりやすくすると、、、 

 

例)1000円の商品が売れた場合

〈メルカリ〉ー手数料10%

100円が手数料、900円が売り上げに 

 

ラクマ〉ー手数料なし!

1000円が売り上げに! 

 

どうでしょうか。ラクマのお得さがわかったでしょうか?お得、と言うのは少し違うかもしれませんが、私たちからしたら余分な手数料を取られずに済むのでかなり便利ですよね。 

特に高額商品。10万円のパソコンを売ろうとなると、その手数料は1万円です。1万円が手元に残るか残らないかは大きな違いですよね?! 

 

おまけ情報

メルカリと比べ、手元に残るお金が多い!となると、

「少しくらい商品の値段を安くしてもいいや!」 と考える人が多くいるため、同じ商品を探していても

メルカリより比較的安く価格設定されてることが多い”です。すごくお得ですね。 

 

楽天スーパーポイントなどが使えて決済が便利!

決済の方法には、 

の5つがあります。

 

 また、1500円の商品を購入する際、

「300円はスーパーポイントから払って、残り1200円は売上金で支払おう!」

みたいに、組み合わせることも可能です。(15通りの組み合わせがあり) 

 

注意)コンビニ払いも可能ですが、支払う際に手数料が216円かかってしまいます。高額商品を買う際の216円は気にならないかもしれませんが、1000円程度のお買い物で216円の手数料は勿体なく感じますよね。僕自身、コンビニ払いも何度かしていますがあまりお得とは言えません! 

 

ラクマ定額パックが便利!

ラクマ定額パックとは、サークルK・サンクス、ファミリーマートヤマト運輸営業所で発送可能なサービスです。(全国で21700ヶ所あり) f:id:kmartinis:20170407222154p:plainラクマ定額パック - 「ファミリーマート」「サークルK・サンクス」「ヤマト運輸営業所」でカンタン発送より)

 

 簡単にいうと、楽!・お手軽!・安心!の三拍子が揃ったカンタン発送方法です。

詳細は上の画像や、公式サイトを覗いてみてください! 

 

操作にすぐ慣れる!

ラクマを開いた直後のトップページがこちらです。 

 

f:id:kmartinis:20170408161313j:plain

 

 どうでしょうか。パッとみて、メルカリのデザインに近いですよね。他の操作もメルカリとほとんど同じようにカンタンでわかりやすいです。

 メルカリからラクマに乗り換える人も、初めてフリマアプリを使う人でも、全ての人に親しみやすいものだと思います。 

 

サポート対応が充実している!

不適切な商品がないかのパトロールや、取引をする上でのトラブルの仲介、その他にも私たちがアプリを快適に利用できるように、ユーザーサポートを手厚く行なっているようです。

運営するのは「楽天」ですから、かなり信用もありますし安心して利用できますね〜。 

 

ラクマ」のデメリット

ユーザーがまだまだ少ない

どうしてもメルカリと比べてしまうからなんでしょうか。ぼくにはユーザーが少なく感じました。

これがどう「不便」に影響してくるかは、以下の二つの項目でわかると思います。 

 

商品が少ない

ユーザーが少ないために商品が少ないです。 

例えば、現在僕が読みたいと思っている本を探すとしましょう。 欲しい本がこちらです。 

最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法

 

 メンズファッションバイヤーであるMBさんの人気の本です。 アマゾンだと1500円程するので、売上金で安く買えないかなぁと探してみたところ、 

 

〈メルカリ〉87点

ラクマ〉 3点 

 

このような圧倒的な商品数の差がありました。(2017/4/8現在) 

 

  • 【買う側】 商品が少なくて不便…。
  • 【売る側】 ライバルが少なくて売りやすいかも?

 

商品が売れるまで時間がかかる

ユーザーが少ないために商品が売れるまで時間がかかります。

本一冊を売るにしても、数日から数週間かかることもよくあります

(メルカリでは出品したその日に売れることが多いです。) 

 

  • 【買う側】 買いたい時に商品が残っていて便利かも?
  • 【売る側】 すぐ商品を処分したいのであれば不便…。

 

招待コード(現在キャンペーン中!)

f:id:kmartinis:20170407212621p:plain【ラクマ】300ptがもらえる友達招待キャンペーン実施中!より) 

 

※現在期間外です!

現在ラクマでは、コードを入力した、された双方に300ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施されています。普段は100ポイントですので、お早めに! 

 

             招待コードはこちらです↓ 

6Dn7haq8

 〈キャンペーン期間〉2017年4月6日(木)0:00~2017年4月16日(日)23:59まで〈注意事項〉

  • ・対象期間中に、ラクマに友達を招待をした方とされた方、双方に、300ポイントをプレゼントします。

  • ・期間中に招待された方が、招待した方固有の招待コードを入力して会員登録を完了までさせた場合が対象となります。 過去にラクマにユーザー登録されていない方のみです。(過去にラクマをダウンロードをされていても会員登録をしていなければ対象となります)

  • ・ポイントは招待された方の会員登録が完了した翌日に、14日間の期間限定ポイントとして付与されます。 ポイントの有効期限は付与された日から14日後の23:59に失効しますのでご注意ください。 ポイント付与の確認は、楽天Point Clubのポイント履歴よりご確認いただけます。 

  • ・友達招待に伴って獲得できるポイントは累計(本キャンペーン前からの招待数含む)100人分までとなります。

  • ・ポイント獲得に関連する不正行為は、取引の強制停止やポイントの強制失効、アカウント停止など処分の対象となります。

  • ・本キャンペーンは楽天株式会社が運営するラクマが主催しているものであり、Apple Inc.、アップルジャパン株式会社によるものではありません。

  • ・本キャンペーンは予告なく終了することがあります。ご了承ください。

 (【ラクマ】300ptがもらえる友達招待キャンペーン実施中!より) 

ポイントはどうやって使うの?

f:id:kmartinis:20170407213329p:plain【ラクマ】300ptがもらえる友達招待キャンペーン実施中!より)

 

 獲得されたポイントはこのように使っていただけます。 コンビニでふとジュースを飲みたくなった時にポイントで支払うことも可能なんですね。

 

個人的な話をすると、ぼくが300ポイント受け取った時には「ラクマ」で300円で出品されている本を買いますノ

本やマンガでしたらたくさん出品されていると思いますので、ぜひみてみてください! 

 

最後に

いかがだったでしょうか。フリマアプリ「ラクマ」にはメリットもあればデメリットもあることがわかったと思います。 これらを踏まえた上で、賢くフリマアプリを使っていけるといいですね! 

 

それでは!

「読者にならざるを得ない」ボタンはくそだった。

どうもこんにちは、けいいちです。

 

突然ですがみなさん、読者増やしたいですか〜???

 

増やしたいですよね。わかります。

読者になったブログを暇な時にのぞいてみるのはよくある話。

 

はてなブログには「購読中のブログ」という項目がありますよね。ブログを書くついでにポチってするアレです。

 

ぼくは読者登録させていただいた方のブログはここで大体チェックしています。

 

このように自分のブログへの入り口が一つ増えるって意外と重要なことなんですよね〜。

 

また、固定ファンにつながっていくことだってあります。読者になるということは必然的に記事を読む機会が増えますから、それだけ関心も湧くからです。

 

読者が増えると自分のブログを客観視するきっかけにもなりますし、、、

まあとにかくメリットだらけですよね!!!!!!

 

読者増やしたい!!!!!!!!

 

読者にならざるを得ないボタン

その願いを邪道で叶えてくれる、夢のようなボタンを作りました。

 

 

それが最近見慣れたであろうこれです。

 

f:id:kmartinis:20170331152517p:plain

 

「読者にならざるを得ない」ボタンです。

 

どうでしょうかこの響き、文字のバランス、半強制感…。

どこか素敵だとは思いませんか??

 

読者になるボタンじゃ甘い!ならざるを得ないボタンが丁度いいぜ!!!

っていう考えで、HTMLをいじらせていただきました。

 

気になる成果

結果だけ言いましょう!

 

このボタンを導入後、

 

 

読者が突然減る

 

プラス

 

読者が増えるスピードが落ちる

 

という現象が起きました。

 

 

やったぜ!!!!すごい!!!!!

 

感想

結論を言えば、「読者にならざるを得ないボタン」はクソです。

今回ではっきりわかりました。

 

いやね、実際ネタでやってみただけなので読者がいっぱい増える!なんてことはないと思っていたんですが、さすがに減るとは思っていませんでした。地味にショックでした。

 

ここからはみなさんも体験も思い出してみてください。

 

読者が増えるタイミングはやはり時間をかけた記事を投稿した後ですよね。

他の人のブログを読者登録するときも、

 

「タメになった」だとか、「もっと読みたい」

 

と感じた場合がほとんどだと思います。

 

つまり、

「読者数を増やしたいなら質の高い記事を書き続けるしかない」

 

これに尽きます。

 

だからこんなクソなボタンを作る価値はないですし、逆に評価が下がります。

 

最後に

やはり、質の高い記事を書き続けることこそが読者を増やす近道となります。

そのことを改めて実感させられました。

 

このボタンは、、、

そのうち変えますね〜ノ

連絡先とこのブログについての簡単な紹介

どうもこんにちは。

はじめまして、けいいちです!

 

この記事は、僕の連絡先を含めた簡単な自己紹介をさせていただきます。

 

 

プロフィール

f:id:kmartinis:20170301194545j:plain

けいいちといいます。

1999年生まれの名古屋に住んでいる高校生です。

(下にもう少し詳しく書いてあります)

 

連絡先について

メールアドレス

こちらのメールアドレスまで宜しくお願いしますm(._.)m

 

blogdesk2あっとgmail.com
 
※都合上全てのメールにお応えできない場合があります、ご了承ください。
 

SNS

Twitterは一日に数回チェックしていますので、こちらでご連絡いただいても結構です。

 

@keiichi1021

 

当ブログについて

「それでもつづく!」はフツーの男子高校生が運営する雑記ブログです。

 

これと言った特技もないぼくですが、なんとなく始めてみたブログにハマり、このように書き続けています。

もう、文章書いてるのが超楽しいです。

 

記事広告・レビュー依頼・寄稿依頼について

すべて大歓迎です。

 

※ぼく自身高校生ということもあり、中高生の読者が比較的多いです。

※学業と同時進行のため、書き切れる文字数には限界があります。

※あまりに当ブログの趣旨に反する場合や、運営の規約に反するものの場合はお断りさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

 

 もう少し詳しいプロフィール

 

好きなこと:読書、ひとり映画、アニメ、ゲーム

 

はい。超インドアです笑

どれも割と本気で楽しんでいるものばかりです。

 

読書に関して言えば週に3冊程度、多い時は月に30冊くらい読みます。純文学から最近の物語小説、歴史小説からビジネス書、好き嫌いは置いておいてジャンルを問わず読んでいるつもりです。(ちなみにミステリーが好きなジャンルです)

 

映画は映画館で見るより、レンタルしてきたりストリーミングサービスでそれとなく選んだ映画を一人でゆっくり見るのが好きです。

 

ただ、根っからインドア派のぼくですが、外に出るのもそれはそれで楽しいです。

ヒッチハイクも経験しています。

 

kmartinis.hatenablog.com

 

他にも好きなものをあげると、

 

好きなアーティスト:星野源アジカンUNISON SQUARE GARDEN秦基博

 

星野源についてはエッセイも読むんだけど、すごくかっこいいと思う大人の一人。)

 

好きなタレント:瑛太松田龍平大泉洋

 

(「最高の離婚」の演技が好き。前者ペアだと「まほろ駅前多田便利軒」後者ペアだと「探偵はバーにいる」が好き。)

 

好きな映画:アヒルと鴨のコインロッカー

 

(これの濱田岳の素朴さはすごかった)

 

 とりあえずこれくらいですかね。また加筆するかもしれません。

 

最後に

ここに書いたことは1分で終わるような自己紹介にすぎません。詳しく知りたい方はぜひ記事を漁ってみてください(笑)

↑そのうちまとめます。

 

お問い合わせについても、どうぞお気軽に宜しくお願いします!ぼくが高校生ということもあり、浅はかな部分もございますが失礼のないように頑張らせていただきます。

 

それでは!

 

※この記事は当ブログの記事が増えるにつれて情報をまとめる必要があるため、書き換えたり削除する場合がございます。あらかじめご了承ください。

小さな煩わしさが、日常を日常たらしめる

最近のぼく

最近、食に関して欲が乏しくなっている。

朝ごはんは食べたくないし、水すら飲むことが苛まれる。

 

大病にかかったわけではない。すなわち入院なんてもってのほかだ。

このままでは死んでしまう、

 

ってこともない。

 

つまりは、なんとなくメシを食う気になれなくて、なんとなく水を飲むことも拒んでしまう。

 

そんなじれったい日常の中でなあなあと過ごしている。

 

まあ何が言いたいのかというと、口内炎ができたのだ。

 

口内炎のはなし

不幸なことに、口内炎は過去最大と言っていいほど痛い。

鏡で確認してみたらなんてことない炎症なのだが、どうしようもなく痛い。

 

正確な位置をいうと、そいつは唇を正面から見て右上に位置している。

 

何も食べないのは体に悪だ。申し訳程度のサラダを食べた。生野菜をそのまま食べるのも少々味気ないからゴマドレッシングをかけた。

…………アゥッ!!?何をやっているんだ僕は…。

その少しの酸味が口の中で爆発、悶絶することになった。

 

食欲がないというと、カロリーメイトウィダーインゼリーだけでも、、と普段の僕ならなっていたが、今の口内炎ではウィダーインゼリーもお手上げである。

 

ここで一つ告白しなければならない。

実はこいつを刺激するのは口内に入ったものだけではない。

皮膚の上からちょっとした圧力をかけてやるだけで、悲鳴をあげてしまう。

 

圧力、というと大層なものに感じてしまうけれど実際はそんなものではない。

わかりやすくいうとワンタップ。それでアウト。

正確に言えば、スマホゲームのラスボスと戦う時のような人差し指に熱量を込めたワンタップではなく、

サブカル系10代女子が、「また買っちゃった~笑」とファッション通販サイトのボタンを押す時である。

もっと正確に言えば、購入する時ではなく、彼氏に相談するために「とりあえずカートに入れとこっ♪」の時のタップである。

 

煩わしさあってのニチジョー

つまり僕の唇右上部は何物も触れてはいけない、いわば禁断の領域となりつつある。

心配しなくても僕には彼女がいないし、唇を奪ってもらうような機会は0というか数学の理念を飛び越えてマイナス%だと言っても過言ではない。

 

誰にも触れて欲しくないけど、誰からも触られることはない。

 

これが僕の唇右上部の近況報告。

 

不思議なことに、なぜか自分では触ってしまうのだ。

人恋しさのせいだろうか、これがたまらなくクセになってしまった。

 

痛い、けど触る。だから治らない。

これのエンドレス。

とは言っても、死ぬまでこいつと付き合うこともなく、いつのまにか消えて無くなっているのがオチだろう。

 

きっとこういう小さな煩わしさは、僕らの日常を日常たらしめる一つの要素だと思う。

だからなんとなく、いつかなくなるのが寂しい気もする。

 

それとない幸せ

口内炎がない」

これは幸せなことだ。

 

そういう日常の中にある幸福に気づけないと、こういう時に後悔の念に苛まれるのだ。

 

ああ、日常をなあなあと過ごすことをやめたくなる。

 

なんでもない日にクソほど幸福はあふれているのだ。

 

普段、口内炎がないことに感謝をしよう。

 

あと、サブカル系女子を挙げたのは、クソだとかdisの意味じゃない。

どちらかというと多分好きだから、口内炎が治ってきた時にでも連絡ください。なお星野源好きはNGで。理由はなんだろう…わからないや。

 

っていう文章が書きたかっただけです。

エイプリルフールのかけらもなくてすみません。