それでもつづく!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでもつづく!

学生雑記。真面目なこともくだらないことも書いてます。

友達に「すごい」奴がいる

生き方

どうも、けいいちです。

 

今日は自分の友達を紹介しましょう。

 

僕の同級生の彼は、すごい奴。

語彙力が怪しいのは気にしないでください。

何がすごいかって?

 

それは、、、、

 

 

ゲームがすごい上手い!!!!!!!

 

f:id:kmartinis:20170129232315j:plain

 

 

…………で?

 


ってなったそこのあなた。ちょっとやそっとの「上手い」じゃないんですよ!

 

少し前に彼がやっていた任天堂の超人気ゲーム、スプラトゥーン

 

あのゲームのプレイヤーならご存知だと思いますが、「フェス」って言う定期的にやっていたオンライン上の大会(現在は終了しています)があるんですよ。

 

ツイッターでもよく見かけたであろう、「〇〇派vs〇〇派!!!」みたいなのです。

要は、すべてのユーザーが二つの陣営に別れて、決められた日数の中で勝率などを競い合う感じですね。

 

そんなフェスには、100ケツってシステムがあったんですよ。

 これ。つまり全国のプレーヤーが二つに分かれて、その2チームの中でも優秀だったプレーヤーを各100人ずつ掲載するっていうもの。

 

これで彼は、上位20位くらいに入るようなプレーヤーなの。

ってことは、チーム内の全国のプレーヤー中で20位くらいってことですよ?

 

すごくないですか??

 

自分も一応プレイしてたんでわかりますけど丸一日テレビに釘付けの状態じゃないと難しかったと思います。

 

もう一つ例をあげましょう。

 

彼はスプラトゥーンを引退したのちにbattlefield1というPS4のゲームを始めました。

勧めたのは僕。

 

「初めは全然敵をやれないけど、慣れてくると面白いよ!」

 

なんて言っていたら、彼は一週間くらいで前作を半年くらいプレイしていた僕の実力を超えてくるんです。

 

スコア表ではいつでも1番上。

 

僕自身、ゲームは軽い娯楽としてやっていますけど、実力は人並みにあると思っています。が、一週間で超えられるとなるとその実力も疑われてしまいますが、そうではなく彼の上達スピードが速すぎるんです。

 

なんで「すごい」のか考えてみる

ここまでゲームの説明ばかりだったかもしれませんが、僕が「すごい」と思っているのは決してゲームスキルではありません。

 

僕が考える彼の「すごい」ところは、『本気で一点集中できる』という部分。

 

今楽しいと思うことだけをやり続ける。

 

僕と同じで、彼はすごく飽き性な性格です。

 

f:id:kmartinis:20170129232415p:plain

 

飽き性って悪いイメージばっかり持たれがちですが

 

「つまらねえ!」って思ったらすぐにやめて次に移るから、経験豊富になる。

 

って考えるとどうですか?メリットに感じませんか?

 

マルチな人になるってことですね。

 

僕の場合、本当に楽しいと思うことは他のことを放ってまで没頭します。周りが見えなくなるくらい。でもやっぱり、飽きたものに関してはほとんど身になっていないことが多いんですよ。

 

でも彼は、飽きても短いスパンで結果を出してる。一点集中してそれぞれでステージに立てるような実力がついているんです。

 

短いスパンで結果を出して、飽きっぽい。

 

これ最強じゃないですか?

 

これが僕の勘違いで、「ただ、ゲームの才能があっただけ」かもしれない。

 

でももし、他の分野でも結果が出せたら本物だな〜なんて思っています。

マルチな分野でステージに立てるんじゃないかって。

 

そんな彼に僕は勧めました。

何を?ブログを。

 

彼の「一点集中する力」が本物だったら怖いですよね笑

というわけで、いいライバルになってくれたらいいな〜なんて思いながらこの記事を書いています。

 

もし、PVとかすぐに抜かれちゃったら……

 

萎える。

 

まあなんにせよ、学校で友達とブログの話ができるのは嬉しいんですわ。

 

 

kmartinis.hatenablog.com

 

この記事にあるように、自分も「面白いこと」だけに集中するために、他に必要ないものを処分します。もちろんPS4も。

 

もしかしたら、iPhoneとかも手放すかもしれないので、学校で友達と共通の話題がないんですよ。そんな中で一番ハマっているブログの話をできるのは最高。

 

これが彼です。まだ自己紹介とゲーム記事しか投稿してないけれど。

 

うきょうのブログ

 

ってわけで友人の紹介でした。

 

それでは!

 

広告を非表示にする