それでもつづく!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでもつづく!

学生雑記。真面目なこともくだらないことも書いてます。

映画アイアムアヒーローを見て興奮が収まらない(ネタバレあり)

僕が鑑賞した映画

どうもこんにちは、けいいちです。

 

今、ブログを書いてます。当たり前ですよね。

時間は24時前。(多分投稿は次の日になりそう)

 

普段、ぼくは夕方くらいにブログを書くことが多いので、あまりブログの執筆を経験したことのない時間です。

 

なぜこんな時間に書いてるのかって?

 

アイアムアヒーローを見て興奮が収まらないんですよ!!!!

 

f:id:kmartinis:20170314183758j:plain

 

 

アイアムアヒーローとは

もう知ってる人が大半だと思いますが一応書きますね。

概要

ひとことで言えば、パニックホラーです。原作は花沢健吾さんの人気コミック。

主演は大泉洋有村架純長澤まさみのお三方です。

突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。

スリルと恐怖が次々と押し寄せる展開はもちろん、鮮烈なビジュアルも見もの。

映画『アイアムアヒーロー』 - シネマトゥデイより)

 

 あらすじ

漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。

(上記リンクより)

 

みたいな感じ。めっちゃ面白そうでしょ?見たくなるでしょ?

というかもう観てるかな。

 

映画アイアムアヒーローを見た感想

今さらですが、感想を書かせてください!

ずっと見たかったんですけど、一人で見ようか誰かとみようか迷っていたら僕の弟がレンタルして来たらしく、家族で見ました(笑)(母、妹除く)

 

結果的に一人で見なくてよかった…と思ってます。

 

はじめに

もしこれからみようと考えている方がいましたら、注意をしておきますね。

かなりグロいです。僕自身、ホラーだとかスプラッターだとかは苦手っていうのもあるんですけどね…

苦手な方はやめて置いたほうがいいかと。

 

だから感想だけ読んで帰ってね!!!!

 

配役だとかゾンビのことだとか色々 

まず配役の話をしますね。

 

結論を言うと、最高。 

原作を少しだけ読んだだけでわかる英雄のダメさ、大泉洋がバシッとあってる。

 あんなに自然体な演技ができるのは本当にすごいなぁって感じました。

 

有村架純長澤まさみについては…

 

まあ言わなくてもわかると思います。

画面に映ってるだけで、最高。(ちゃんと素晴らしい演技で個性的なキャラを演じきってます)

 

次にゾンビね。作品ではZQNって言うんだけど、これが本当にエグい。

 

まず、顔。顔って言えないくらい、形をとどめていません。

単純に恐ろしいです。あんなの現実に見ちゃったら腰抜かすどころじゃすみません。

 

一体メイクさんはどんな施しをしてるんだろう…プロの世界ってすごい…

 

あとは動き。これもやばい!

ゾンビ映画にありがちな「手を前にフラフラ〜」じゃないですからね?!

ブリッジの体制で仰け反りながら恐ろしいスピードで近づいて来たり、手足をぐにゃぐにゃした状態でピチピチ跳ねたり。

 

限りなくアクロバティック。

少なくとも人間にはできません。当たり前か。

 

何がそこまでZQNを怖くさせているかって、「動きが人間離れしすぎてる」ってとこにあると思うんです。ちょうどG(北海道じゃ見ないやつ)が怖いのと同じ感じ。

それでいてZQNは「大まかな形は人間」ですから、余計ビックリしてしまいます。

 

ZQNに変化するシーンなんて、恐怖そのものですからね。

静脈がスゥ〜と浮き出て、目玉が白濁して、、、なんて。

 

恐ろしすぎるわ!!!!!

 

滅多にない体験をしたと思う

先ほどにも言ったように、僕はスプラッターが苦手です。と言うより、全くダメ。

そもそもゾンビ映画なんて全く興味がありませんでした。

ですが、大泉洋さん主演ということもあり、「多少マイルドなんじゃないか」と思って観たんですよ。

で、どうだったか。簡単に言いますね。

 

全然マイルドじゃないんだけど、画面に釘付けになっちゃう!

 

です。これに尽きます。

 

たとえ友人の家でホラーを観ることになっても、目を開こうとせず、

 

「だってメリットないもん。デメリットしかないもん。」

 

と答えていた僕が、こんな映画に釘付けになったって言うのは自分でも衝撃なんですよ。怖いもの見たさって言うよりも、マジで展開が気になるんです。完全に引き込まれました。

 

主人公が案外無双してる

主人公の英雄、妄想癖があって自分では何もできない、っていうダメ男的存在なんです。自分が弱いことを自覚していながら、ZQNに立ち向かっていく様はみていて気持ちがいいし、すげえかっこいいんだけど、

 

英雄さん、案外強くないっすか?

 

自前のショットガンか何かで、無双しまくってます。

ハアハアしながら倒しまくってます。俺つええええ!!してます。

 

SAOかよ!

 

って突っ込みたくなるんですが、有村架純長澤まさみと出会うにつれて、徐々に勇ましくなっていった英雄の姿がそこにあるんですよ。

 

大泉洋、演技が最高すぎてその点を全く避難する気になれない…。

 

洋さん、、絶妙っす…。

 

特にクライマックスが相当カッコよかった。

あの、大泉洋の背中でしか語れない何かがあると思います。

 

(自分でも何言ってるかわからない)

 

…いやでもさ?有村架純ちゃんどうしました?半グール見たく半ZQN(東京グール知らない人ごめんなさい)でありながら、力を発揮して英雄を助けたのは中盤の一度だけ。頑張ってアウトレットに連れて来たからには、最後のラスボス的なZQNをやっつけちゃうのかと思ってました。キーパーソン的な雰囲気を放ちつつ、最後まで特に何もしない。

 

でも可愛いから許しざるを得ない…。

ついでに長澤まさみも可愛い…。

 

終始、ハラハラドキドキの展開

普段だったら、ドキッとするような怖さがあるシーンでもう見るのをやめちゃう人でも、なんだかんだ最後まで見てしまう、そんな感じ。

 

脚本も面白いと思うし、カメラワークも絶妙。

アクションなんて、「日本の映画すげえな!」って思わされるほど、圧巻です。

 

僕は、特に序盤のあたりで鳥肌が立ちました。日常の中の小さな変化がどんどん大きくなって、「これは自分を取り巻く環境だけで起こっている事象じゃないんだ…!」と気づくところです。

住宅街を必死に逃げる大泉洋を正面から撮影して、大通りに出た瞬間、一気に引きで撮る。

ここに来て、「あ、やばい」って言うのを確認するんです。

もう最高。

 

強いて言えば、後半の内容が少し薄いと感じましたね。

ホラーに内容の濃さとかを求めるべきじゃないのはわかるんですけど、前半の環境の変わり方がハンパなかっただけに、後半の戦い続けるだけの内容は物足りなく思いました。

 

とは言えど、5分に一回は手に汗握るような展開があるので、退屈なんてもってのほか。終始体がこわばります。

そのせいで、肩が凝りました。腹くだしました。

 

どうしてくれるんだ。

最後に

残虐な表現がどうかという話は置いておいて、日本が誇るべき映像作品だと思います。

ここまで引き込まれた映画は久々でしたし、ヒットした要因も一度見ただけで伺える。

 

超高速な展開で観客を圧倒する、(僕としては)新感覚のエンターテイメント作品です。

 

コミックが連載中ということで、完結らしい終わり方はしていません。

そこが少し残念でしたね。続きが相当気になります。

 

続編来ないかなぁ…。

 

 あと欲を言えば、明日にでも有村架純長澤まさみが僕に助けを求めて来ないかなぁ…。(なお、ZQNはおらず平和な状況)

 

今夜は寝れないなぁ…。(いろんな意味で)